ブログ

ジョイントタイプの人工芝のメリットとデメリットとは?ロールタイプとの違いを解説

人工芝はおもに「ジョイントタイプ」と「ロールタイプ」の2つに分類することができます。

それぞれにメリットとデメリットがありますが、今回の記事では「ジョイントタイプ」にフォーカスして深掘りしてみたいと思います。

画像

人工芝の種類のひとつ「ジョイントタイプ」のメリットとデメリット、そしてロールタイプとの違いについて解説いたします。

ジョイントタイプの人工芝の特徴

人工芝のジョイントタイプとは、定型サイズでつくられた人工芝のマットを、複数継ぎ足して形成するタイプのものをいいます。

30cm×30 cmなどのようにサイズが決まっており、主にマットのふちに付いている爪状のひっかける部分と、半円状の受ける部分をはめ込むようにして組み合わせます。

屋内や屋外を問わず、さまざまな用途で使用することができる非常に使い勝手のよいタイプの人工芝です。

ジョイントタイプのメリットとは

まずは人工芝のジョイントタイプのメリットを見てみましょう。

施工が簡単

人工芝のジョイントタイプは、ジョイント部分を引っかけて継ぎ足すだけなので、誰にでも簡単に施工ができます。

スペースに合わせて自由に広げていくことができますが、ぴったり収める場合は端部をハサミやカッターなどでカットして調整する必要があります。

部分補修が簡単

部分的に破損や汚れがある場合でも、マットを1枚のみ取り外して交換することが可能です。

長期間を経過している場合は、多少の色むらが発生するケースもありますが、1枚だけ交換するだけでよいので、補修も簡単で、かつ経済的に行うことができます。

ジョイントタイプのデメリットとは

続いて人工芝のジョイントタイプのデメリットを見てみましょう。

継ぎ目が目立つ

人工芝のジョイントタイプは定型サイズのものを継ぎ足しながら広げていきますが、継ぎ目部分の位置が目立ってしまいます。

製品によっては継ぎ目を目立たないよう工夫を凝らしているものもありますが、完全に目立たないようにはできない為、その点は妥協したほうが良かもしれません。

耐久性がない

人工芝のジョイントタイプは、100円均一やホームセンター等で一番安価に販売するための商品の為、耐久性は1年持たないことが多いです。その為、プロの業者がジョイントタイプの人工芝を販売したり、施工したりする事はあまりないでしょう。

ジョイントタイプとロールタイプを比較

画像

まず人工芝のジョイントタイプとロールタイプで大きな違いといえば、その形状です。

ジョイントタイプは30cm×30cmなど定型サイズのマット状のもので、ロールタイプは1m×10mなど1枚が長尺でロール状に巻いたものになります。

その他の違いについても見ていきましょう。

施工性

施工性で比較するとジョイントタイプのほうが簡単に施工できるといえるでしょう。
マット同士を継ぎ足すだけのことなので誰にでも簡単に施工することができ、また設置の場所を選びません
ロールタイプの施工も簡易的に敷くということであれば、比較的簡単です。
下地が土の時は専用のピンで施工すると簡単です。
ベランダなどピンが打てない場所の場合は両面テープで施工を行うと簡単にできるでしょう。

ただ、ピンだけの施工の場合、後々開いてしまったりしますので、できれば専門の業者に施工を頼むと長期的に維持ができるでしょう。

よりクオリティを追求する場合は、下地面をフラットに調整することや、雑草対策をしっかり行いましょう。

コスト

材料のみのコストで考えるならジョイントタイプのほうが高くなる傾向にあります。

したがって、材料を多く使用するような広いスペースに敷く場合は、コストが安く、また広範囲を覆うことができるロールタイプのほうが適しているといえるでしょう。

お手入れ

人工芝は、掃除をするなど日常生活においてある程度のお手入れが必要です。

ロールタイプはお手入れをすることで、長く、きれいな状態を維持することが可能となるので、気づいたときはできるだけお手入れを行うよう心がけましょう。

ジョイントタイプは、掃除をするほど耐久性が無い点と、衝撃に弱いため、お手入れはしない事が多いでしょう。

まとめ

この記事では、ジョイントタイプの人工芝について、メリットとデメリット、そしてロールタイプとの違いを解説してきました。

ジョイントタイプの人工芝は、敷設する場所を選ばないので、初めて人工芝を敷く際にイメージを掴むために試しで購入する等の利用には良いかもしれません。 ただ、ジョイントタイプの人工芝については、ロールタイプに比べますと、耐久性がなく、見た目も劣る為、お庭やベランダなどには、ロールタイプをお勧めいたします。

尚、弊社では『楽』『極』という2種類の観賞用人工芝をメインで販売しています。
極限にまで密度を高め、触り心地とクッション性を追求した『楽』はドッグランや
お子様が裸足で走り回る園庭等にお勧めです。また、ドバイとオランダの超一流ブランド
の芝葉を使用した『極』はこれ以上ない耐久性と高級感、そしてリアリティを追求しています。
大手リゾートホテルや結婚式場、日本庭園などにもご使用頂いております。

弊社では、この『極』『楽』サンプルと資料を無料でお送りしています。
実際に触ったりふんだりして最上級の人工芝を体験してください。
尚、弊社は品質に絶対の自信を持っているため、営業のお電話等は一切行いませんので、
お気軽にお申込み下さい。