ブログ

雑草に困り除草剤を使うデメリットとは!?

抜いても抜いても、次から次へと生えてくる雑草・・・。

特に梅雨に入る5月位から11月位までの半年間は、せっかく綺麗にしても1週間もすれば、また新しい雑草の芽が出てきてしまいます。

『せっかくの休日なのに、草むしりでぐったりぃ!これなら働いていた方がよっぽど楽だぁ・・・。』という方も多いのではないでしょうか。

画像

しかし、その作業をあきらめてお庭をほったらかしにしてしまったら、すぐにお庭はジャングル状態・・・そして虫や蚊が大量発生!なんて恐ろしい状態になってしまいます。

画像

『そんな状態には絶対したくない!』でも、『楽して草を無くしたい!』そう考えた時、誰もが真っ先に思いつくのは『防草シート』と『除草剤』の2種類だとではないでしょうか。

まず防草シートの場合は、地面を完全に覆って雑草に光合成をさせない事によって枯らしてしまうという仕組みなので、人体には無害です。また、一度防草シートを敷いてしまえば、高品質の防草シートであれば『10年以上』使用できるので、長期間メンテナンスが不要になります。またその防草シートの上に人工芝や玉砂利を敷き詰めれば、紫外線があたらずに半永久的に使用する事も可能です。

画像

しかし、一度雑草を除去し、出来ればある程度地面を平らにしてから防草シートを敷かないといけないので、作業に手間がかかりますし、通常の雑草であれば問題はありませんが、スギナの様に地中に根っこを伸ばして成長するような雑草が生えている場合、光合成はほとんど関係がないため、防草シートの下で成長してきてしまうといった場合もあります。また防草シートによっては下からシートを突き破って出てきてしまうといった事があります。

画像

その為、防草シートを敷けば何でもOKと言わけではない事は理解しておかなければなりません。

さて、もう一つの『除草剤』ですが、これにもやはりメリットとデメリットがあります。まず、除草剤の大きなメリットは施工に手間がかからず、ただ撒くだけで雑草が勝手に枯れていってくれるという事です。

逆にデメリットとしては、人体やその周辺に影響がある場合があるので、撒く際にはかなり注意が必要であるという事と、防草シート程効果に持続性がないので、定期的に撒かないといけないという事です。

最近のホームセンターでは様々なメーカーの色んな種類の除草剤が販売されております。

中でも一番有名なのは『ラウンドアップ』です。

画像

ラウンドアップは液体状の除草剤で、葉から入った成分が根まで浸透して根ごと枯らす事が出来る除草剤です。

希釈して使用するタイプから、そのままジョウロのように蓋を外すだけで使用できる物まで色々あります。効果は翌日から現れ始め、1週間ぐらいで雑草全体を枯らすことが可能です。またラウンドアップの場合は、土についた液は微生物によって自然分解されて消失するので、誰でも簡単に使用しやすい除草剤です。

しかし、このような液状の除草剤を使用する場合は、注意をしないといけないことがあります。

それは『風』です。

このような液状の除草剤を散布する際によく使用されるのが、散布機です。空気を圧縮して散布するタイプであったり、電池などでモーターを動かして散布するタイプであったりと様々ではありますが、いずれも霧状にして雑草にかけるのは変わりありません。液が霧状になると、ちょっとした風でも周辺に舞ってしまい、枯らしたくない植木や花、もしくは他人の家の作物にかかってしまい枯らしてしまうといった事例が多々あります。

特に隣が商売としてやっている田んぼや畑であった場合は、十分に注意をして下さい。

画像

尚、そういった環境下での使用を検討されている場合は、散布機に付けるラウンドアップ専用(他のメーカーの液状タイプの除草剤でも使用可能かどうかは分かりません)のノズルが販売されております。これを付ける事で周りに飛散しにくくなるので、ご近所トラブルになりそうな場所で使用される場合は必ずこのノズルを使用される事をお勧め致します。

次にご紹介するのは、『ネコソギ』などといった【粒剤タイプ】の除草剤です。

画像

粒剤タイプは、液状タイプに比べて効き始めが遅いかわりに、3ヶ月~9ヶ月といった長期間効果を発揮します。

粒剤タイプの場合は、一度土に落ちた除草剤の成分が根から吸収され、次に葉や茎に移動して、光合成等の生理代謝機能を妨げる事によって雑草を枯らします。

また粒剤の場合は、土に成分が落ちた後、土壌に処理層といった膜のような物を形成することにより、長期間にわたって雑草を抑制します。

9か月間も効果があるというのは、かなり魅力的だと思います。しかし、このタイプの除草剤でも注意は必要です。それは、やはり周りへの影響です。

9か月間効果があるという事は、当然雨にも強いという事です。雨によって効果が薄まってしまうという事はほぼありません。粒剤タイプの除草剤は雨が降るたびに雨水と一緒に地面にしみ込んでいってしまい、地中を伝って隣の敷地に成分が流れ出てしまうという事があります。

その為、例えば隣が田んぼや畑だった場合、散布してから数か月後、ある日突然隣の田んぼのお米が枯れてきてしまうといったトラブルがあるようです。

その為、散布する際は、周辺の環境を確かめて、もし隣が田んぼであった場合は粒剤タイプをあきらめて、液状タイプにするとか、防草シートにするなどの工夫が必要です。

いずれにせよ、簡単にそして完璧に雑草の抑制をするという事は非常に困難な事なのです。

また、最近テレビでは除草剤の代わりに【塩水を撒くと良い】というような報道がされていますが、これは絶対にお勧めは出来ません。

画像

除草剤の場合、どんなに長期間効果がある物でも1年以内には分解されて消失しますが、塩は永久に分解されません。その為、塩害によって一切植物の生えない『死んだ土地』になってしまいますし、雨で塩が流れ出ると近隣の畑や田んぼだけでなく、塩害対策をしていない住宅の場合は、建物の基礎や下水管、電話線等ありとあらゆる物に被害が生じます。

画像

その為、塩水を撒くと土地の評価格が下がってしまう!という専門家もいるほどです。

弊社も、より簡単にそしてより効果的な雑草対策を日々模索しております。もしこの記事をお読みいただいた方で、雑草に困っているというような場合は、お気軽に弊社までご相談下さい。何か良いアドバイスが出来るかもしれません。

匠 フリーダイヤル 【0120-977-572】
https://jinkoushiba.co.jp/