ブログ

人工芝をカットする場合は、ハサミよりカッターナイフがおすすめ

近年は主婦の間でもDIYが流行しているようで、テレビ番組でも毎日のように特集が組まれています。

一昔前までは「日曜大工」という呼び方で、「お休みの日にお父さんがやるもの!」というイメージが強かったDIYも、インターネットの普及によって作り方などの情報が収集しやすくなったり、メルカリなどで気軽に作品の販売が出来るようになったため、今では主婦が行うイメージが定着しつつあります。またホームセンターでもDIYコーナーが設置されていたりと、手軽な価格で工具を揃える事が出来るようになったもブームのきっかけになったのではないでしょうか。

画像

近年では、弊社が販売しているような人工芝でもDIYとしてご自分達で施工されるお客様が増えています。

弊社の場合では、弊社やお客様が依頼した業者で施工を行う場合が【3割】、お客様がご自身で行う場合が【7割】と圧倒的に販売のみという形が増えています。(ちなみに数年前までは6対4位で販売の方が少なかったイメージがあります)

もちろん予算の加減でという事もあるかもしれませんが、やはりホームセンターが人工芝に力を入れて販売していたり、「わりと簡単に敷けたよ!」というお友達やネットでの口コミなどによる影響が大きいような気がします。

画像

さて、そんなDIYを予定されているお客様から『人工芝はハサミでカットしても良いのですか?』というお問合せを頂く事があります。

人工芝の施工動画を見るとカッターナイフをメインで使用している事が多い為、そのような疑問がうまれるのだと思います。

画像

カッターナイフよりもハサミの方が細かく切りやすいイメージはありますよね!特にカッターナイフだと余分な所まで切ってしまったり、ちょっとした事で手などを切ってしまう事があるのでハサミの方が不慣れな人には安全な感じがします。では実際にハサミの使用はどうなのでしょうか?

まず、ハサミでの施工は可能かというと【可能】です。しかし、ベストなのかというとベストではありません。

ベストでない理由① 【ハサミで人工芝をカットするは大変!】

人工芝(特に高品質な人工芝)は見た目以上に硬く、コンビニで販売しているような普通のハサミではすぐに切れなくなってしまいます。針金やアルミ板をカットするような丈夫なハサミでもすぐに切りにくくなってきますし、何よりカッターナイフのように刃だけを変えるという事が出来ない為、ハサミ代だけでも費用がかかります。(ちょっと良いハサミを買うと数千円位はするので勿体ないです・・・)

また、長い距離をカットしようとするとかなりの握力が必要になり、最初から最後までハサミでカットするのはかなり大変です。(おそらく次の日は手が筋肉痛になります・・・)

画像

ベストでない理由② 【芝葉までカットしていまいやすい!】

カッターナイフであれば、まず芝葉までカットしてしまうような事はほとんどありませんが、ハサミの場合は芝葉を挟み込んでしまい芝葉を切ってしまう事が多々あります。

もし挟み込んでカットしてしまうと、下記の写真のように角刈りになってしまいます。

画像

その為、ハサミでカットする場合には、芝葉を挟まないようにハサミを大きく広げず、マットだけを切るように気をつけながらカットをしていかないといけません。

そんな細かい事に気をとられていては、思うように作業がはかどらなくなってしまいます。

ベストでない理由③ 【まっすぐカットがしにくい】

紙を切る場合でも、ハサミで線の上をまっすぐ切るのと、定規をあててカッターで 切るのとではどちらがスパッと綺麗にまっすぐ切れますか?

多くの人はカッターの方が簡単に綺麗に切れると答えるのではないでしょうか。

ましてや人工芝の場合はフニャフニャだけれど硬さや厚みもあり、カットする距離も長くなるため、ハサミで切るにはジグザグになってしまうリスクが高くなります。

画像

以上の様な理由から、ハサミのみで人工芝の施工をする事はあまりおすすめは致しません。しかし、1本はハサミは用意しておいた方が良いと思います。

カーブの部分やレンガの隙間など細かい部分はどうしてもカッターだけではやりにくい部分があったり、またカッターでカットした後、下のマットが大きく見えて目立ってしまい、そこだけカットしたい場合や長めに切りすぎて少しだけ切って微調整したいといったような場合はハサミがあると非常に便利です。(ハサミであれば人工芝の作業が完了した後でも他に使い道はあると思います。キッチンバサミのようなカニの甲羅が切れる丈夫なハサミを一本ご用意頂ければ便利かもしれません)

画像

★人工芝を上手くカットするには★

ここまで、人工芝をカットする場合はハサミよりもカッターナイフの方がおすすめですよ!という説明をしてきましたが、ではカッターナイフであればどんな物でも良いのでしょうか?

もし既にカッターナイフをお持ちで、そのカッターナイフを使用されるのであればそれで構いません。しかし、これから購入されるという場合は、コンビニエンスストアなど売っているような紙を切るための細い物ではなく、下記の写真の様な、工作用の太めのカッターの方がおススメです。(細い物はすぐに切れなくなる上、ちょっとした横方向にかかる力で簡単に刃が折れてしまいます。)

画像

また、既にお持ちのカッターナイフを使用する場合も、購入する場合も【交換用の替刃】は用意しておいてください。(特に黒刃はよく切れるのでおすすめです)

画像

人工芝が高品質な物であればあるほど、マットがしっかりしているためすぐに切れなくなってしまいます。特に弊社の【極】【楽】のように耐久性や最小限の縮みに拘っている人工芝の場合、マットを2重にしてあったり特殊な加工を施しているため、より早くカッターナイフの刃は悪くなってしまいます。

芝葉を縫ってあるマットを2重構造にする事により、耐久性が大幅にUPします。

人工芝を上手に施工する為には、こまめすぎる位カッターナイフの刃を折ったり、交換する事が重要です。

切れない状態のまま作業を続ければ、毎日作業している職人ですら綺麗に施工は出来ません。施工が上手な職人であればあるほど頻繁にカッターナイフの刃を交換しています。

また、刃を頻繁に交換する事はケガの予防にも繋がります。

よく切れる方がケガをするのでは?と思う方もいるかもしれませんが、刃が切れなくなってくると余分な力が必要になり、最終的には引き千切るような状態になります。

そうなると勢い余ってもう片方の手などを切ってしまう事が多々あります。

その為、『なんか切れなくなってきたな!』と思ったらすぐに刃は交換するようにして下さい。

画像

人工芝の施工や人工芝に関する事は何でもお気軽に【最上級人工芝-匠-】までご相談下さい。

フリーダイヤル 0120-977-572 / HP https://jinkoushiba.co.jp/