ブログ

人工芝の芝葉の長さの違いによるメリット・デメリット

最近では人工芝の需要が高まるにつれ、ホームセンターだけでなく、ネットで検索すると色々な会社から様々な人工芝が販売されています。

画像

景観用の中でも、密度が低い安価なタイプから高密度のタイプ、ゴルフ用、テニス用、シルバーや赤などのカラー人工芝等様々です。また、同じタイプの人工芝の中でも芝葉が短い物や長い物など様々です。

しかし、人工芝に詳しいわけではない一般の方に、芝葉の長さが25mmだの40mmだのと言って、『どちらが良いですか?』と選択を迫っても、どの長さを選べば自分に適しているのかなんて分かりませんし、ましてや画面上で「こっちが25mmでこちらが30mmです!」と写真を見せられても、『どちらも変わらないじゃん!』と思う人がほとんどではないでしょうか。

そこで、今回は人工芝の芝葉の長さの違いによるメリット・デメリットをお伝えいたします。

まず、人工芝の芝葉の基準となる長さは【30mm】です。

この【30mm】という長さはクッション性を確保しつつ、見た目のリアルさ、起立性などバランスが一番とれた芝葉の長さになります。(ゲームの世界で言うと、主人公の様な全てにおいて一番バランスのとれた初心者が一番扱いやすいキャラクターになります。)

その為、どこの会社も30mm前後の芝葉の商品をメインで販売していることが多く、また実際一番多く売れているのも30mm前後です。大型犬を走らせるため、『とにかくクッション性が必要!』といったような特別な理由がない場合は、30mm前後の人工芝を選べば大きな失敗はないと思います。


では、それより短い芝葉や逆に長い芝葉はどのようなメリットがあるのでしょうか?

【短い芝葉の場合のメリット】

やはり一番のメリットは、『リアル(天然芝っぽい)』に見えやすい事だと思います。現在、リアル人工芝として販売されている人工芝は、緑色のストレートの芝葉だけでなく、縮れた枯葉を混ぜて、より天然芝っぽく演出している物がほとんどです。(これは芝葉の長さに関係なく入っています)

芝葉の長さとは、緑色のストレートの芝葉の長さの事を指しますが、そのストレートの芝葉の長さが短ければ短いだけ、しっかりと縮れた枯葉部分が見えるため、よりリアルな見た目になります。(実際の天然芝は、結構枯れている部分が多く、手入れの行き届いたゴルフ場のフェアウェイですら、近くで見ると枯葉が目立ちます)

ペットや小さなお子さんがいて、人工芝の上で遊んだり寝転がったりするのであれば、クッション性が必要になるため短い芝葉は不向きだと思いますが、雑草対策と見た目を重視したい!といった方には最適だと思います。(※実際クッション性もリアリティの度合いも密度が大きくかかわってきますが、上記の説明では密度は考慮しておりません。あくまで同じ密度だった場合の説明です。)

画像

【長い芝葉の場合のメリット】

芝葉が長いとクッション性が上がります。クッション性は芝密度が一番大きく影響致しますが、芝葉の長さでも変わってきます。

その為、ペットを人工芝の上で遊ばせたい!子供と一緒に芝の上でかけっこしたいなどといった使い方を希望される方は、転んでもクッション性が高くケガをしにくい長めの人工芝は適しています。(但し、先にも記載した通り、クッション性に関して一番大事なのは密度です。密度が高い芝であれば、芝葉が短くてもクッション性は確保できます。密度って何?という方はこちらをご覧ください

(余談にはなりますが、トイプードルなど小型犬を人工芝の上で遊ばせたい!という目的の方は、長すぎる芝葉には注意が必要です。何故なら、弊社とタイアップしているドックランにて実験を行った所、小型犬は芝葉に足が埋もれる感触やふにゃふにゃな感じが嫌な子が多いようで、長い芝葉の場合、数メートル歩いただけで動かなくなってしまう犬が多く、また逆に29mm以下の芝葉の人工芝の上を歩かせると、元気に走り回る小型犬が非常に多くなりました。)※但し、芝葉の形状や密度によっても結果は変わってくると思われます。

画像

では、それぞれのデメリットは何でしょうか?

【短い芝葉の場合のデメリット】

やはりクッション性が低くなってしまう事ではないでしょうか。また人工芝の上を頻繁に歩く場合、芝葉の長さがあると枯葉部分の直接なダメージが軽減されますが、芝葉が短く、枯葉部分にも直接衝撃が加わると耐久性にも影響する可能性はあります。また、密度にもよりますが、ペラペラ感が出やすく高級感は低くなりやすいように思われます。(※ちなみに、会社によっては全く同じスペックの人工芝を長さと名前だけ変えて、長い方を『高品質』、短い方を『リーズナブル』な芝として販売しているのをよく見かけますが、実際のコストや耐久性は全くといってよいほど何も変わりません。)

【長い芝葉の場合のデメリット】

枯葉が見えにくいため、見た目が緑みどりしてしまって天然芝っぽさが薄れてしまいます。また、あまり芝葉が長すぎると芝葉が自重で倒れやすく、起立性が低くなる傾向にあります。(※芝葉の形状や密度にもよります)

上記の理由からも、30mm前後がどれほど絶妙な長さなのかがご理解頂けると思います。

とにかく迷った場合は、27mm以上35mm以下の芝葉の長さの人工芝のサンプルを何社か取り寄せて、その中から、芝葉の形状やコーティング剤の種類、密度、見た目などを比べて、その中から一番気に入った物を選択すると失敗は少ないのではないかと思います。

尚、弊社がメインで扱う2種類の人工芝の『極』は【30mm】、『楽』は【28mm】となっています。

画像

極は王道の30mmですが、製造後、枯葉だけをストレートの芝葉と同じ高さまで上げるという、他社ではまずやっていない面倒な作業をひと手間加える事により、枯葉がしっかり見え、密度が高くてもリアルに見えるように工夫をしております。

画像

また楽は、先にも述べたドッグランにて実験をした所、小型犬の足が埋もれにくく、楽しく走り回りやすいベストの長さ【28mm】を採用し、極限まで密度を高めて触り心地を追求致しました。

どちらも無料でサンプルをお送り致しますので、お気軽にご応募下さい。(※一切、営業の電話は致しませんのでご安心下さい)