ブログ

ロングパイルの人工芝の特徴と施工方法について

サッカー場や野球場などのスポーツ施設において幅広く採用されている人工芝ですが、いくつかの種類に分けることができます。

人工芝の大きな分類として「ロングパイル人工芝」「ショートパイル人工芝」「砂入り人工芝」の3種類があります。

なかでも「ロングパイル人工芝」はプロスポーツ向けに追求されており、その構造や施工方法に高度で専門的な技術を用いていることが大きな特徴です。

今回の記事は「ロングパイル人工芝」の特徴と施工方法について、またその他の人工芝との違いについても詳しく解説していきたいと思います。

画像

人工芝の種類と特徴について

スポーツ施設など、日常で当たり前のように目にする人工芝ですが、用途に合わせて種類が異なります。

「ロングパイル人工芝」「ショートパイル人工芝」「砂入り人工芝」の3種類について、その特徴を見ていきましょう。

ロングパイル人工芝

ロングパイル人工芝は、その名の通り約5cm~7cm程度とパイルが長いことが大きな特徴です。

そして、パイル間の隙間部分には砂やゴムチップなどの充填材の層を設けていますが、この層がクッション性を高めスポーツ時の衝撃を効率よく吸収します。

これらの構造がひざなど身体への負担を軽減する役割を担い、ケガの防止に貢献することができるというわけです。

また、見た目や質感が天然芝に近いということもあり、非常に緑の美しい競技場をつくることが可能となります。

ただし、高性能であることや、高い施工精度を要求されることなどから、多くの作業工程を経て完成させる必要があり、他の2種類よりもコストは割高となります。

したがって、ロングパイル人工芝が一般の家庭に使用されることはほとんどないに等しく、スポーツを行う施設などで採用されるのが一般的です。

ショートパイル人工芝

ショートパイル人工芝は、パイルが短いことが特徴です。

パイルが短いことから、ロングパイル人工芝よりも衝撃吸収としての機能は劣るので、スポーツ時にはひざなどの負担は比較的大きくなります。

スポーツを用途とする場合は、密度を高め強度を増したものなど高性能な製品もあり、また砂などの充填材は入っていないので、粉じんが発生することがありません。

3種類のなかでは最もコストが安くなります。

砂入り人工芝

砂入り人工芝は、ショートパイル人工芝同様にパイルが短く珪砂を充填していることが特徴です。

テニスコートを中心に採用されているケースが多いタイプで、砂を充填することで耐摩耗性や排水性などを高めることが可能となります。

ただし、滑りやすいことも特徴のひとつとなっているので、慣れるまでは激しい動きは控えるほうがよいかもしれません。

このタイプもパイルが短いので、衝撃吸収としての機能はロングパイル人工芝よりも劣ります。

ロングパイル人工芝の施工方法について

画像

ロングパイル人工芝の施工は、おもにスポーツ競技を行うことが前提となるので、とくに安全性やプレーへの影響を考慮する必要があります。

したがって、極めて高い完成精度が要求されることから、専門業者による施工が基本となります。

ロングパイル人工芝の施工方法について見ていきましょう。

①下地工事

ロングパイル人工芝を施工するにあたり、極めて安定した下地づくりが重要となります。

下地の多くはアスファルト舗装が採用されていますが、これは平滑かつ安定性の確保に適していることが理由です。

まずは設計図面に則って測量を行い、正確な位置と高さを確定します。

位置と高さが判明すれば、重機を使用して地面を締め固め、そのうえに砕石を敷いてさらにしっかりと重機で締め固めて路盤を完成させます。

この締め固めの作業が非常に重要で、完成後に大きな衝撃が加わってデコボコが発生するようではよくないので、丁寧にかつ確実に行わないといけません。

そして路盤のうえにアスファルトを敷きならし、ローラー重機で平滑に締め固めます。

なお、近年においては、固いアスファルトに代わって、平滑性と安定性を確保しながら、比較的柔らかい下地路盤をつくる技術の開発も進んでいます。

②人工芝の敷き込み

下地が完成したら人工芝を敷き込みます。

ジョイント部分に隙間が生じることのないよう、接着剤や両面テープを使用して下地面と圧着します。

③充填材の散布

人工芝の敷き込みが完成したら、パイルの間の隙間部分に砂やゴムチップなどの充填材を散布します。

パイルの根元部分までかつ均等に充填されるよう丁寧に根気強く作業を行い、調整ができていることが確認できたら完成となります。

まとめ

ロングパイル人工芝は、その特徴的な構造からスポーツ競技を行うためにつくられたものといえます。

競技者にとっては、ケガが最大の敵となることから、必ず何らかの対策をとる必要があります。

ロングパイル人工芝は、ケガを防ぐための工夫が構造のなかに詰め込まれているので、全力で競技に取り組むことができるのです。

尚、弊社では『楽』『極』という2種類の観賞用人工芝をメインで販売しています。
極限にまで密度を高め、触り心地とクッション性を追求した『楽』はドッグランや
お子様が裸足で走り回る園庭等にお勧めです。また、ドバイとオランダの超一流ブランド
の芝葉を使用した『極』はこれ以上ない耐久性と高級感、そしてリアリティを追求しています。
大手リゾートホテルや結婚式場、日本庭園などにもご使用頂いております。

弊社では、この『極』『楽』サンプルと資料を無料でお送りしています。
実際に触ったりふんだりして最上級の人工芝を体験してください。
尚、弊社は品質に絶対の自信を持っているため、営業のお電話等は一切行いませんので、
お気軽にお申込み下さい。