ブログ

リアルな人工芝と密度が低いが為にリアルな人工芝は全然違います。

最近の人工芝は、リアルで天然芝よりも綺麗に見えるのではないかというぐらい、高品質な商品がどんどん開発されています。

弊社でもメインで扱っている【極】と【楽】という2種類の商品の中で特に【極】の方はリアルさに拘って開発をしています。(楽の方は手触りやクッション性を重視しているため、密度がめちゃくちゃ高く、個人宅の天然芝というよりは、完璧に手入れをされた綺麗なフィールドの様な感じです)

画像

先日、弊社にとってはとても嬉しい出来事がありました。

誰もが知る超高級リゾートホテルで、弊社の【極】が採用されました。

画像

そこのホテルはリゾートホテルの為、社内規則で天然芝以外使用禁止という規約になっている程、厳密に色々な事が管理されているホテルですが、建物の陰になって太陽があたらない部分はどうしても天然芝が枯れてしまう!という事で長年困っていたようです。

画像

そんな時、たまたま弊社のサンプルを見たホテルの方が、『かなりリアルだし高級感がある』という事で、この人工芝ならば社内のルールには反するけれども例外として使えるのではないか!という事でご購入を頂く事になりました。

そして実際に敷いてみた所、上司や周りの人からも大好評だったようで、『別の場所も!』といった形ですぐに追加で発注を頂く事となりました。

少し自慢話のようになってしまいましたが、弊社は常に品質や見た目、触り心地や耐久性など全てにおいて『世界No.1』になる事を目標に改良を繰り返しています。

その為、品質にはどこの会社にも負けないという絶対の自信をもっているのですが、たまに残念なお言葉を頂く事があります。それは『品質や耐久性が全然違うのは分かるけど、ホームセンターの物も同じような見た目だよ!茶色い芝葉もしっかり見えるし!』というのです。

画像

確かに、ホームセンター等で売っている安価な人工芝は緑色の芝葉だけでなく茶色い枯葉はしっかり見えてかなりリアルに見える物もあります。

画像

しかし、何故しっかり茶色の枯葉が見えるのかという理由を理解しなければ、購入後すぐに後悔してしまう事にもなりかねません。

まず、弊社の人工芝が何故リアルに見えるのかという事をお話致します。

人工芝は天然芝とは違い、いくら手入れをしても増える事もなく敷いた瞬間から劣化の一途をたどります。その為、密度(芝葉の数)が耐久性に大きく影響してきます。

しかし密度が高くなると同時に、上の緑色の芝葉がつまってきて根元にある茶色い枯葉が見えにくくなってしまいます。

画像

その為、東京ドームの外野部分のような綺麗な緑色になってしまいます。

しかし実際の天然芝は、緑よりも枯葉部分や土が見えていることが多く、それがあるためにより自然に見えます。(特にご家庭の天然芝は手入れが中々行き届かない為に、茶色い枯葉ばかりになってしまっている場合も多々あります)

画像

逆に、密度が高く緑色が強い人工芝は不自然に感じてしまう場合があります。

洋風のお庭の場合は緑が強い人工芝も似合いますが、日本庭園に敷く場合などは、枯葉がしっかり見えていた方が自然です。

そこで弊社の極には、超高密度を保ちつつ、枯葉がしっかり見える工夫を施してあります。

それは枯葉をストレートの芝葉と同じ高さまで上げるという新しい技術です

画像

通常、縮れた枯葉はストレートの芝葉の根元に埋まっており、ストレートの芝葉の隙間から茶色い枯葉が見えるというのが普通です。

しかし、弊社の極は一度製造したのち、もうひと手間加え、少し長めにした枯葉をストレートの芝葉と同じ高さまでかき上げるという作業を行っています。

そうする事によって、よりしっかりと茶色が見えて、自然な雰囲気を作りあげています。

これが弊社の耐久性や密度を高品質に保ちつつ、リアルに見える理由です。

次にホームセンター等の安価な人工芝が、何故しっかりと茶色い枯葉が見えるのかという理由です。

それは単純に芝葉の密度が低く、そして芝葉も細い為です。

画像

密度(芝葉の数)が少なければ、隙間が増えるためにしっかりと下まで見えるようになります。また、現在の人工芝は起立性を高めるためにV型やH型等、さまざまな芝葉の形状であったり、芝葉の幅もまちまちです。(細いと触り心地は良いですが、耐久性や起立性は落ちます。)

ホームセンターで販売されている安価な人工芝の場合、形状もなく糸のように細い芝葉が主流です。

その為、より隙間が出来る事により、しっかりと枯葉が見えています。

では弊社の芝と安価な芝、この違いによって何が変わるのかという事ですが、やはり一番は『耐久性』です。

人工芝は使用すればどんな製品であっても紫外線や気候の変化、踏んだ際の衝撃等で芝葉の劣化や千切れ(抜け)がおこります。

画像

その為、元々少ない芝葉がさらになくなってしまった場合、剥げてしまってマットが丸見えになってしまいます。

また、安価な物は材質もあまり良くないため、次から次へと千切れがおこって掃除も大変で、敷き替え頻度も多くなってしまいます。

『極』と安価な物を比べると、『5倍以上』使用年数が変わる場合もあります。

そのような理由から、「いつでも手軽に購入が出来るし、見た目もそれほど悪くないから!」といった事だけで人工芝を選ぶと、結果的に『手間とコストだけがかかってしまった!』といった事になりかねませんので、お気を付けください。

画像

人工芝は決して安い物ではありませんし、施工だけでなく処分にも手間とコストが必要です。その為、後々後悔しないように、各社無料サンプルなど配布していますので、実際の芝を取り寄せて手に取り、しっかり資料なども見た上で検討頂く事をおすすめ致します。

尚、弊社も【極】【楽】のサンプル、そして資料を≪完全無料≫でお送りしておりますので、お気軽にお申し込みください。(※弊社は、商品に自信を持っているため、住所などの記載漏れによって発送が出来ない等の緊急時以外は、サンプル請求を頂いた後に電話連絡などは一切行いません。面倒な営業もありませんのでお気軽にこちらからご応募下さい。)

また、人工芝や施工に関するご質問がございましたら、平日・休日問わずお気軽にいつでもお問合せ下さいませ。

フリーダイヤル≪0120-977-572≫

HP https://jinkoushiba.co.jp/

メール info@jinkoushiba.co.jp