ブログ

ホームセンターやネットショップで販売されている人工芝の品質チェックポイント

人工芝を自宅の庭にDIYで敷きたいという人が増えています。

人工芝はホームセンターやネットショップでも購入が可能ですが、どれを選べばよいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

また、人工芝には多くの種類があり、品質の違いでコストも大きく異なります。

人工芝を購入するときどのような点に注目すればよいのか、チェックポイントについて解説していきたいと思います。

画像

人工芝の品質はここで見る!

人工芝にはさまざまな種類があります。

多くの種類のなかからどれを選択するかは、購入者のニーズによって変わる部分でもあります。

そこで、人工芝を選ぶ基準となるポイントについてご紹介いたします。

用途

人工芝は用途や使用目的で種類が変わります。

大きくは景観用と競技用の2種類となり、自宅の庭などの景観を整備する目的であれば景観用、スポーツを行うことを目的とするなら競技用を選択します。

用途と異なる使い方をすると劣化を早めてしてしまう可能性もあるので注意が必要です。

耐候性・耐久性

人工芝は天然芝と違って、年間を通して緑を楽しむことができます。
ただし、とくに外部で使用する場合は紫外線や風雨などの刺激を受け続けるので常に劣化が進行します。

せっかく人工芝を敷いても、変色や破損など早期に傷んでしまっては、メンテナンスのサイクルが早まりランニングコストが高くなってしまいます。

人工芝の寿命は通常1~2年程度、最高品質のもので10年程度となり、できるだけ長く美しい緑を維持できる耐久性の高いものを選択するということが重要といえます。

リアル感

見た目や触感が天然芝により近いかということもポイントとなります。

リアル感を追求した人工芝も非常に多く、色味やパイルの長さ、密度、やわらかさなどに工夫を施し、一見しただけでは天然芝と見分けがつきません。

しかし、リアル感を追求した人工芝の中には、枯葉が見えるよう密度を低くしたことにより耐久性にやや難のあるものもあります。

コスト

人工芝は種類によってコストが変わります。

材料コストの安いものも多くありますが、それだけでなく耐久性も劣ると逆にランニングコストがかかるなど、長期的なコストは増大する場合もあるので注意が必要です。

導入コストとランニングコストなど長期的なコストとのバランスを見極めることが重要なポイントとなります。

付加価値

人工芝は近年において著しい技術の向上が見られ、機能を付加したものも数多くあります。

人気の機能としては、防炎静電気防止抗菌などが挙げられます。使用環境や目的によっては、機能をプラスしたものを選択することも効果的です。

人工芝の材質による大きな違い

画像

人工芝は、使用している材質によって性能やコストなど特徴が大きく変わります。

人工芝を選ぶときにはニーズに合ったもののなかから総合的に判断して決定することが重要ですが、材質をチェックすることも判断材料のひとつとして参考にすることができます。

大きくは「ナイロン」「ポリプロピレン」「ポリエチレン」の3種類です。

それぞれの特徴について見ていきましょう。

ナイロン

ナイロン製の人工芝は触感が天然芝に近いやわらかさを持つことが大きな特徴です。

しかし、ナイロン素材の特徴でもある吸水率の高さによって、屋外で使用すると劣化を促進させてしまうので、おもに屋内での使用となります。

屋内の使用ということであれば、耐摩耗性は非常に優れることからもランニングコストの面においては効果が期待できます。

ポリプロピレン

ポリプロピレン製の人工芝は、歴史が古く、また材料コストが比較的安いことから、3種類のなかで最も流通している素材です。

ナイロン製よりも耐久性に優れ、ほとんど吸水することがないので屋外での使用に適した素材となります。

ただし、ポリプロピレン製は樹脂のなかでも硬質の部類に入るので、手触りとしては若干固いと感じるかもしれません。

さらに、紫外線に弱いという特性から耐候性が低く、ランニングコストの面では大きな期待はできないでしょう。

ポリエチレン

ポリエチレン製の人工芝は、3種類のなかで最も耐候性耐久性および耐摩耗性などの性能面において優位となる素材です。

とくに、耐候性においてはポリプロピレン製と比較しても高い性能を持っているので、屋外での使用には非常に適した素材となります。

また、ポリエチレン製は樹脂のなかでも軟質の部類に入り、手触りはやわらかいと感じることができるでしょう。

導入コストは高くなりますが、耐候性、耐久性に優れるという特徴から、メンテナンスサイクルの効率化とランニングコストの低減に期待できます。

まとめ

人工芝は非常に種類が多いですが、おもに目的や予算など、求めているニーズによって選択し決定することになるでしょう。

コスト面では導入コストだけでなく、ランニングコストや貼り替えなどを考慮した長期的なコストについても意識して検討することが重要です。

そういう意味では、選択の要素として材質に注目することは有効といえるでしょう。

尚、弊社では『楽』『極』という2種類の観賞用人工芝をメインで販売しています。
極限にまで密度を高め、触り心地とクッション性を追求した『楽』はドッグランや
お子様が裸足で走り回る園庭等にお勧めです。また、ドバイとオランダの超一流ブランド
の芝葉を使用した『極』はこれ以上ない耐久性と高級感、そしてリアリティを追求しています。
大手リゾートホテルや結婚式場、日本庭園などにもご使用頂いております。

弊社では、この『極』『楽』サンプルと資料を無料でお送りしています。
実際に触ったりふんだりして最上級の人工芝を体験してください。
尚、弊社は品質に絶対の自信を持っているため、営業のお電話等は一切行いませんので、
お気軽にお申込み下さい。