ブログ

初心者でもカンタン外構DIY!人工芝を上手に敷く方法

自宅の外構工事をDIYで行うのは難しそうなので無理ではないかと思っている人も多いのではないでしょうか。

外構のDIYを行う場合、手間はかかりますが意外に楽しく、なんといってもコストの大幅削減が期待できます。

また、人工芝の施工は初心者でも取り組むことができるうえ、家族にとって快適な景観づくりが可能です。

初心者でもDIYでできる、人工芝を上手に敷く方法について解説したいと思います。

画像

外構で人工芝を敷くメリット

自宅の庭において、真砂土や砂利、コンクリートなど仕上げ方法にはいくつかの選択肢があります。

その選択肢のひとつである人工芝は、住宅の外構で採用されることが非常に多い人気の仕上げ方法です。

人工芝を敷くことのおもなメリットは、美しい景観を楽しめることやお手入れが楽になることなどです。

年間を通して鮮やかな緑を維持できるので穏やかでリラックスした時間を楽しむことができます。 また、適切な施工を行うことで雑草の生育を抑えることができ、水やりや芝刈りといったお手入れも必要とせず、管理といえば簡単な掃除程度と非常に楽であることが特徴です。

外構で人工芝を敷く施工手順について

外構で人工芝を敷く手順は比較的簡単です。

ポイントを押さえて施工することで、完成後のお手入れなどの負担軽減につながるので丁寧に行いましょう。 それでは施工の手順について解説いたします。

①道具を準備する

ハンマー、ハサミ、メジャー、スコップ、軍手など必要な道具を準備します。

②整地をする

まず地面の整地を行いますが、仕上がりの品質や完成後の雑草対策に影響する重要な工程となります。

大きめの石や雑草を除去し、地面をフラットな状態にならしてから上部から踏むなどできるだけ固く締め固めます。

雑草は根っこまで取り除くことが重要なポイントです。

③防草シートを敷く

人工芝の下層には必要に応じて防草シートを敷きますが、雑草対策として効果が高いので使用することをおすすめします。

排水マスなどの障害物がある場合は防草シートをカットして収めます。

隣接する防草シートは必ず10cm程度重ね、およそ50cm以内の間隔になるようハンマーで専用ピンを打ち込み固定します。

防草シートは、隙間が生じると雑草が出てくる原因にもなるので、専用ピンだけでなく粘着テープや接着剤を利用するとより効果的です。

ブロック塀や建物基礎など構造物に接触する端部は、雑草が出てくる隙間をつくらないという目的のため3cm程度折り曲げるようにして立ち上げておきます。

防草シートは、重ね部分以外にも全体的におよそ1m以内の間隔になるよう専用ピンで固定します。

④人工芝を敷く

敷地に合わせて必要な長さにカットした人工芝を配置しますが、少し余裕を持った長さにしておき、最終的に端部をカットして調整することで失敗を減らすことができます。

このとき、人工芝にみみが付いているものであればカットしておきます。

また、排水マスなどの障害物がある場合は、必要な大きさでくり抜くように人工芝をカットして収めます。

隣接する人工芝を突き付け、重なりや隙間が生じていないか確認し、およそ50cm以内の間隔になるよう専用ピンで固定します。

⑤仕上がり確認と清掃

ジョイント部の隙間や端部のカット漏れなどがないか全体をチェックし、問題がなければ完成です。

後片付けと掃除もしっかりと行いましょう。

外構で人工芝を敷くときの注意点について

外構で人工芝を敷くことは比較的簡単ですが、いくつかの注意点もあります。

どのような点に注意しておくとよいのか、簡単に説明いたします。

芝目の方向

人工芝には芝目があり、全体を同じ方向に揃えて敷く必要があります。

見る方向によって見え方が変わるので、日常的によく見る位置に芝目を向けて施工しましょう。

端部の処理

また、障害物と接触する位置は人工芝をカットしますが、隙間が生じないようできるだけぴったり収まるように慎重な作業を行う必要があります。

失敗すると材料が足らなくなる場合もあるので注意が必要です。

1回の作業で完結しようと大きくカットするよりも、落ち着いてひとつずつ確認しながら進めていきましょう。

定規があると直線のカットがしやすく、同時に上部からの固定ができるので作業がはかどります。

整地の重要性

人工芝の下地となる部分の状態は、仕上がりに大きく反映されるので非常に重要です。

デコボコは人工芝を敷いて解消されるわけではありません。見た目にも歩行感にも影響を及ぼすことを考慮して整地作業を行う必要があります。

また、雑草は人工芝を敷いたら絶対に生えてこないというわけではありません。

下地処理と雑草対策が適正に行われ、さらに人工芝の施工において隙間を小さくすることで雑草対策としてはかなりの効果を発揮します。

最終的に隠れてしまうからといって手を抜かないように丁寧に根気強く行いましょう。

人工芝を長持ちさせるコツ

画像

人工芝は自然芝と比べて手入れの手間がかかりません。

しかし、使い方によっては劣化のスピードを早めたり、見た目の美しさを損なったりすることがあります。

人工芝の劣化の主な原因として、日光による日焼けや色あせが挙げられます。最近は、紫外線耐性の機能をもつ商品があるので、購入の際に検討してみるのもよいでしょう。

また、プラスチック製という特性から、熱に弱い特徴があります。焦げたり溶けたりする原因となるので、庭でバーベキューや花火を楽しむ際は火の粉が飛ばないよう気をつけるか、敷いた場所から離れるなど、火気に注意しましょう。

まとめ

外構工事をDIYで行うことは大変な部分もありますが、地道に進めることで十分可能です。

とくに人工芝の施工は簡単なのでポイントを押さえることで、初心者でもきれいに仕上げることができるでしょう。

癒しと安心感を与える緑を、自宅の庭に加えてみてはいかがでしょうか。

尚、弊社では『楽』『極』という2種類の観賞用人工芝をメインで販売しています。
極限にまで密度を高め、触り心地とクッション性を追求した『楽』はドッグランや
お子様が裸足で走り回る園庭等にお勧めです。また、ドバイとオランダの超一流ブランド
の芝葉を使用した『極』はこれ以上ない耐久性と高級感、そしてリアリティを追求しています。
大手リゾートホテルや結婚式場、日本庭園などにもご使用頂いております。

弊社では、この『極』『楽』サンプルと資料を無料でお送りしています。
実際に触ったりふんだりして最上級の人工芝を体験してください。
尚、弊社は品質に絶対の自信を持っているため、営業のお電話等は一切行いませんので、
お気軽にお申込み下さい。