ブログ

芝葉に硅砂って入れるの??

最近一般家庭のお庭で大人気の人工芝は、ホームセンターは勿論の事、 様々な業者がインターネットを利用して【リアル人工芝】として販売しており、誰でも気軽に人工芝の購入が出来るようになりました。

特にインターネットでは人工芝の販売のみならず、敷き方や人工芝の豆知識など事細かに説明がされているため、これまであまり人工芝を扱ってこなかった庭師と比べても、一般人の方のほうがはるかに人工芝に関する知識が豊富な場合があります。それはプロにとっては厄介な所もありますが、消費者にとってはとても良い事で、そういった情報、特に人工芝の良し悪しの見極め方を理解して頂く事によって、より良い品質の人工芝が安く手に入るきっかけとなります。

但し、気をつけないといけない事は、『その情報がどこまで正しいのか?』という事です。

画像

このブログもしかりではありますが、特にそういった情報を載せているページは、人工芝の販売会社が自社のHPを充実させる目的であったり、自社製品の販売につなげるための情報だったりする為、嘘ではないにしろ大事な部分の説明が抜けていたり、たいした情報でなくても大げさに表現している場合があります。

例えば、【FIFA認定】と大々的に謳って、高品質な人工芝だと販売しているサイトをよく見かけますが、実はそれほど難しい認定ではなく、世界中で販売されている人工芝の多くはFIFAの認定をもっています

実は料理屋に食事に行って、『うちはちゃんと営業許可書をとっていますから!』と自慢されているような物なのです!

逆に言えば、大々的にそれを謳って販売しようとしている商品は、『それぐらいしかアピールが出来る所がない商品』だと考えても過言ではありません。

「営業許可書をひたすらアピールしている料理屋に味なんて期待出来ないと思いませんか??」しかし、残念ながらそういった事はインターネットの世界では当たり前のようなのです。

画像

さて、今回題材に取り上げる【硅砂】、これについてもちゃんと最後まで説明をしていないサイトが多いようです。

お客様から『硅砂ってやっぱり入れないといけないんですか?』とか『見積もりに硅砂の値段も入っていますか?』といった質問をよく頂きます。よく話を聞くと、皆さんいくつかの施工方法等のページを見て、人工芝の芝葉の中に硅砂を入れるという情報を知ったようです。

確かに私もサイトを検索してみた所、色々な人工芝のサイトで当たり前のように硅砂を入れると書いてあります。

画像

『硅砂を入れる場合もある』ではなく、『硅砂を入れてトンボやブラシで慣らします』と書いてあるだけなのです。

これを何も知らない一般の方が見れば、『硅砂は入れるのが当たり前なんだ!』と思い込んでしまっても仕方がありません。

硅砂を入れるか入れないか・・・。

これをちゃんと説明するならば『野球場やサッカー場に使用するスポーツ専用の人工芝には硅砂を入れます。しかし、一般家庭に使用するような景観用人工芝(リアル人工芝)には、【一部】で入れる場合があります』というのが正しい表現です。

では、その【一部】とは何でしょうか?

それは【密度が低くてすぐにぺったんこに倒れてしまうような低品質の人工芝のことです】

画像

密度が低くスカスカの人工芝の場合は、芝葉と芝葉の間に硅砂を入れて芝葉を立たせるようにします。そうしないとすぐに芝葉が倒れて剥げてきてしまいます。

【本当に高品質な人工芝は、密度が高いため硅砂を入れなくても起立性が高く、しっかり立ちます。また、そもそも硅砂を入れる仕様になっていませんので、硅砂を入れようとしても中々上手く入りません】

画像

その事を知ってか知らずかは分かりませんが、硅砂を入れるのを当然のように書いてあるサイトというのは、逆に言えば『密度が低いので硅砂を入れて下さいね!』と教えてくれているようなものなのです。

但し、密度が高くても、硅砂を入れた方が良い場合はあります。

例えば人工芝の上で何か運動をするような場合です。本来であれば、その競技にあったスポーツ用の人工芝を使用する事が最適です。しかし人工芝の上で本格的に運動をするわけではないし、予算がないから!といった理由から観賞用を希望されるお客様がみえます。

ただスポーツ用に比べて、やはり観賞用の人工芝は芝葉が細く、やわらかで弱い為、スパイク等で走り回ると千切れてしまう可能性があります。そういった場合は、無理にでも硅砂を入れて少しでも芝葉のダメージを軽減させます。

また、ボールを人工芝の上を転がすような場合も、人工芝の芝目によってまっすぐ転がらない可能性があるため、硅砂をいれて芝葉を垂直にする場合があります。(ちなみにゴルフの場合は、芝目がないゴルフグリーン専用の人工芝があり、硅砂は入れません)

そういったちゃんとした情報が伝わらないまま、人工芝には硅砂を入れるのが当然なのだと勘違いしてしまう方が増えているのが残念でなりません。

尚、弊社が硅砂を入れたくない大きな理由(デメリット)は2つあります。

1つ目は敷き替え(撤去)の際の手間と費用です。

画像

人工芝はいつかは必ず処分をしないといけない時が来ます。その際、芝葉に硅砂が入っていると、とんでもない重量になってしまう為、お客様自身で撤去するのは『ほぼ不可能』です。

またサッカー場とは違って、お庭によっては重機などが入らないお庭もあります。そういった場合は人力で行わないといけない上、剥がした人工芝と砂の処分代も合わせるとかなりのコストになります。

2つ目の理由は、芝葉の触り心地が悪くなる上、座ったりしたときに服が砂だらけになります。

画像

よく人工芝の販売サイトでは子供が芝の上で楽しそうに寝そべっていたり、犬が走り回ったりしています。しかし、硅砂を入れた人工芝の上で子供や犬がゴロゴロしたりしたら体中に砂がついてしまいます。また、それが雨上がりだったりした場合は最悪です。

そういった理由から弊社では、限界まで密度を上げて硅砂を入れない人工芝だけを取り扱っています。

色々と書きましたが、弊社もその中のサイトの一つとして、弊社にとって良い事も悪い事もしっかりお伝えしていきたいと考えていますので、もし人工芝に関しましてご不明な事がありましたらお気軽にお電話やメールをください。

フリーダイヤル 0120-977-572