ブログ

庭のDIYに必須!防草シートを使って人工芝をキレイに保とう

人工芝は、自宅の庭において手軽に美しい景観をつくることができます。

天然芝のお手入れは、水やりや芝刈り、あるいは除草といったことが必要となりますが、一方で人工芝の場合は非常に簡単であることが特徴です。

ところが、人工芝の施工で適切な処置をしておかないと、思わぬところから雑草が生えてくるなど完成後に余計な手間がかかることもあるので注意が必要です。

その処置とは、おもに「防草シート」による雑草対策になりますが、人工芝を敷設する前の段階で適切にやっておくことが非常に重要です。

この記事では、DIYで美しい景観づくりを実現するために必須となる「防草シート」の施工方法や注意点など詳しく解説いたします。

画像

人工芝からも雑草は生えてくる!

人工芝は水はけをよくするといった観点から、多くの小さな穴があいています。
また、壁際はどうしても光が入りやすく、雑草が出てきてしまう場合もあるでしょう。
雑草は非常に生命力が高く、根っこが残っているだけで増殖したり、あるいは風や雨水で種が運ばれてくることで発芽したりします。

雑草は、おもに水や日光がある環境で生育します。
人工芝の下地において適切な雑草対策が行われなかった場合、人工芝表面のわずかな隙間が雑草を生育する環境をつくってしまうことがあるので注意しなくてはいけません。

そこで、雑草対策として有効なものが防草シートになります。
防草シートは、水を通しても光は通さない構造になっており、雑草が生えにくくなることから人工芝の下地として適しているのです。
ただし、防草シートも適切な施工が行われないと、十分な効果を発揮できない場合があります。
防草シートを敷くだけでは安心できません。下記の方法を参考に正しい施工を心がけましょう。

防草シートの施工方法について

防草シートの施工は、ポイントがわかっていれば比較的簡単な作業となります。

おもな手順について解説いたします。

①道具を準備する

ハンマー、ハサミ、メジャーなど必要な道具を準備します。

②整地をする

防草シートを敷く地面を整地します。

雑草や大きめの石を除去し、地面をフラットな状態にして、体重をかけて踏むなどできるだけ締め固めます。

③防草シートを敷く

整地を施した地面に防草シートを敷きます。

防草シートどうしは10cm程度重ね、およそ50cm以内の間隔になるようハンマーでピンを固定します。

防草シートの重ね部分や隙間が生じないよう、ピンだけでなく粘着テープや接着剤を使用すると、雑草対策としてより効果的です。 粘着テープや接着剤を使用する場合は、ほこりなどが付着した状態では接着不良を起こす恐れがあるので、掃除をした後に行いましょう。

④防草シートをカットする

排水マスや水道メーターなど障害物のある位置は、できるだけ隙間のないようにハサミでシートをカットします。

また、ブロック塀や建物基礎に接触するような端部は3cm程度折り曲げるようにして立ち上げておきます。

これは、端から雑草が生えてこないよう隙間を無くすための処置で、余分な部分は最終的にカットすることができるので少々長めに残すくらいがよいかもしれません。

⑤全体をピンで固定する

防草シートを敷き終わると、全体的におよそ1m以内の間隔になるようピンで固定します。

ピンを打ち付けることで、防草シートに穴をあけることになりますが、隙間が生じた場合は念のため粘着テープを貼って隠すとよいでしょう。

防草シートの施工の注意点について

画像

防草シートもそうですが、人工芝の仕上がりにも影響を及ぼすことがあるのは、下地の出来です。

下地となる地面は、デコボコを解消しフラットな状態にすることと、できるだけ締め固めることがポイントです。

不十分なままだと、完成後に雨が降ると元のデコボコが現れて歩行に違和感を覚えることもあり得ます。

整地は最終的には隠れてしまう地味な作業ですが、非常に重要な部分なのでできるだけ手を抜かないように行いましょう。

雑草の処理は根っこまで除去することが望ましいですが、非常にたいへんな作業です。

手軽な雑草対策として、根っこまで枯らす除草剤を散布するという方法もあります。

除草剤を使用する場合は、雑草取りを行う前にあらかじめ散布しておき、1週間程度経過した後に枯れていることを確認して、整地の作業に入るとよいでしょう。

まとめ

雑草は、どのような環境でも非常にたくましく育つので、庭の景観にとって非常にじゃまな存在となります。

人工芝にとっても雑草はかなり手ごわい敵になりますが、しっかりと対策を施すことで完全にとはいかないまでも効果的に防ぐことが可能です。

防草シートは庭のDIYには欠かすことができないアイテムとなっており、適切な下地処理と正しい施工を行うことによって雑草対策として大きな効果を発揮します。 人工芝の施工は防草シートとセットで行うことをおすすめいたします。

尚、弊社では『楽』『極』という2種類の観賞用人工芝をメインで販売しています。
極限にまで密度を高め、触り心地とクッション性を追求した『楽』はドッグランや
お子様が裸足で走り回る園庭等にお勧めです。また、ドバイとオランダの超一流ブランド
の芝葉を使用した『極』はこれ以上ない耐久性と高級感、そしてリアリティを追求しています。
大手リゾートホテルや結婚式場、日本庭園などにもご使用頂いております。

弊社では、この『極』『楽』サンプルと資料を無料でお送りしています。
実際に触ったりふんだりして最上級の人工芝を体験してください。
尚、弊社は品質に絶対の自信を持っているため、営業のお電話等は一切行いませんので、
お気軽にお申込み下さい。