ブログ

人工芝のロールタイプとジョイントマットタイプの違い

人工芝は、30cm角程の大きさのジョイント式マットを組み合わせていくタイプの物と、カーペットを巻いたようなロールタイプの物が販売されています。

主にジョイント式マットタイプの人工芝は、誰でも簡単に組み合わせることが出来、一部分が剥げてしまった場合でもその部分だけ簡単に取り換える事が出来るので非常に便利な人工芝です。

ジョイントマットタイプの人工芝

しかし、基本芝自体の品質はとても低くまた耐久性も低い為、小スペースであまり人が踏まないような場所や、棚等の上にディスプレイとしての使用が向いています。また、簡単にジョイントさせるための加工にコストがかかるため、品質がロールタイプと比べてかなり落ちてしまうにもかかわらず、それほどロールタイプと価格は変わりません。

さらに一枚が30cm角の物が多く、下の写真のようにつなぎ目にどうしても線が沢山出来てしまうので、お庭部分などの広い場所には不向きです。

人工芝ジョイントタイプ接続部分

 

逆にロールタイプは、各人工芝メーカーがメインとして扱っているため種類も多く、特に広いお庭に長時間敷くなど耐久性やリアリティ、品質を重要視する場合におすすめです。

また、ロールタイプであれば繋ぎ目を最小限に抑えられるので、線が出にくく見た目が綺麗に施工が出来ます。

人工芝写真(結婚式場)

しかし、ロールタイプは持ち運びに非常に不便です。            メーカーや芝の密度等にもよりますが、一番多い2m×10mロールとなると【70kg】近い重量があるため、大人の男性でも一人で運ぶには一苦労します。

また、開封前は幅2m×50cm位の円柱状になっているため、購入から施工までの『とりあえず置いておく場所』も施工前に考えておかなければなりません。

人工芝ロール写真

ロールタイプの場合、ジョイントタイプと施工方法も違い、接着剤やU字ピンを使用して接続等をしないといけないので、ちょっとした技術や作業時間が必要となります。インターネットを使えば、動画や画像で詳しく施工方法が載っているので素人でも施工は可能ですが、専門業者の施工と比べるとクオリティは落ちてしまします。

画像

敷く際のちょっとしたコツ、それをお伝えする事により素人の方でもそれなりに違和感なく施工する事は可能ですが、ジョイント式に比べて施工に手間がかかります。

但し、直射日光があたるお庭等に敷く場合、ジョイント式は1年位しか耐久性がないのに対し、ロールタイプの物で高品質な物であれば10年位の耐久性がありますし、クッション性や見た目、触り心地など絶対的にロールタイプの方が高い為、ロールタイプを選択されることをお勧め致します。

画像

弊社では、ロールタイプの人工芝施工のご依頼は勿論ですが、ホームセンターで人工芝を購入したけど、施工の仕方が分からない!等の疑問にも出来るだけ丁寧にお答えいたします。

どんな些細な疑問でも構いません。

少しでも人工芝が綺麗に施工が出来るようにアドバイス致しますので、お気軽にお電話、もしくはメールでお問合せ下さい。

 

最上級人工芝 -匠-(お問合せは24時間OKです)

フリーダイヤル 【0120-977-572】E-mail【info@jinkoushiba.co.jp】