ブログ

フェンスの下に人工芝を差し込む際はご注意下さい。

近年、ホームセンター等でも気軽に購入が出来るようになった人工芝。手入れも不要で、草むしりの手間いらず!一年中綺麗なお庭を楽しめるとなれば、忙しい現代人にとって人気が出るのも頷けます。

人工芝施工写真

そんな人工芝ですが、プロに施工をお願いすると高額な施工費が必要となるため、DIYといった形でご自身で施工をしようするお客様が増えています。

実際、素人に人工芝が敷けるのかというと、もちろん『可能』です。人工芝の施工は、建築やエクステリアの工事の中では一番簡単といっても過言ではありませんし、二度と使用しないような高額な道具を揃える必要はありません。いくつかのポイントを抑える事によって、それなりに綺麗に敷くことが出来ます。(壁際の処理の綺麗さや接続部分の綺麗さを比べれば、もちろんプロの施工よりは劣るとは思いますが・・・)

カッターナイフとスケール、チョーク(マジック)、金槌があれば施工は可能です。

困る事と言えば整地でしょうか・・・。

画像

人工芝を綺麗に、そして簡単に施工をしようと思うのであれば、出来る限り真っ平らに整地する事が重要なポイントとなります。特に石などが地上にでているとシワの原因になったりもします。

しかし、石がゴロゴロとあるお庭であったり、分譲住宅の場合は、庭に建築廃材が埋められてあるというお庭は多々あり、現状によっては土の鋤取りや新たに土入れ、転圧、勾配調整などが必要となる場合があります。そういったお庭の場合は、整地だけでも庭師やエクステリアを専門に行っている業者に依頼をした方が良いかもしれません。

画像

さて、今回はそんなDIYで人工芝の施工を行おうとしている方で、フェンス際の施工、特にフェンスの下に人工芝を差し込む場合の注意点をお伝えいたします。

『フェンス』これは一般住宅(特に戸建て)であれば、自分の所有か隣人の所有かはさておき、ほぼあるのではないでしょうか。特に日本の住宅の場合は、そのフェンスが隣人との境界線になっていることが多いので、人工芝を施工する際も「フェンスまで!」といった事が多いと思います。

画像

そのフェンスですが、アルミであったり、スチールであったり、はたまた木であったりと様々な材質の素材があります。

その中でも、最近一番多く使われている素材は『アルミ材』です。

昔のようなブロック塀が少なってきていますし、鉄に比べてアルミは錆びにくく、また腐りやすい木製フェンスや生垣のように手入れをする必要がありません。アルミは加工もしやすく色々な形や色のフェンスが作れる上、他の素材に比べてコストが安いのが特徴です。

そんなアルミフェンスですが、人工芝の施工の際に『傷がついてしまう』可能性があります。下記の写真ようにブロックが何段か積まれた上に設置されているフェンスであれば特に問題はないかと思います。

画像

一番注意が必要なのは【地面に直接設置されているフェンスで、特にフェンスの下に人工芝を差し込もうとする】場合です。

画像

では何故フェンスに傷がついてしまうのでしょうか・・・。それは人工芝の【縫い目】です。

現在販売されている人工芝は、防草シートのようなマットに芝葉を縫い付けてあります。これはどんなに安価な人工芝であっても、逆に高品質な人工芝であっても基本的には全く同じです。

画像

その為、表面は綺麗な柔らかい芝葉ですが、裏面は芝葉を何本か束ねて縫ってあるのでゴツゴツしています。(ホームセンターの人工芝の場合、綺麗に見えるように芝葉を上にしてロール状に巻いてあるため気づかないかもしれませんが、裏面は同じようにゴツゴツしています)このゴツゴツがフェンスにあたると傷がついて色が剥げてしまいます。

特に『黒色のフェンス』は注意が必要です。シルバーのフェンスは傷がついても目立ちにくく、「傷ついてる??」といった程度で済みますが、黒色のフェンスの場合はそうはいきません。

フェンスの塗装はちょっとしたことで剥げて白の下地が見えてしまいます。『黒に白の傷ははっきりと目立ちます!』(傷と同様に汚れも目立ちます。黒塗りの車って高級感があってカッコ良いですよね!!でもこまめに洗車しないと汚れが目立つので手入れが大変です。)

画像

そういった理由から、もし黒色のフェンスを設置しているという方は、人工芝の裏面がフェンスに当たらないように注意が必要です。

「そんなこと言ったって当たるもんは当たるでしょ!!」という方は必ず人工芝の施工をする前に、当たっても良いように『養生』をして下さい。

画像

傷は特に人工芝を差し込む際、フェンスの足や下部の角の部分に当たって白く傷つく事が多いため、ホームセンター等で販売されている『養生テープ』を2~3重(角を中心)に貼って頂くと良いかと思います。それでも心配な方は、角以外の部分も養生シートやプチプチ等を養生テープで留めて頂くと完璧です。(※但し、養生テープではなくガムテープなど等で貼ってしまうと糊残りなどの原因になってしまう為、注意してください)

画像

≪それでも傷がついてしまった!もう既についている!といった方はどうすればよいのでしょうか?≫

フェンスにはあまり修理という考え方がありません。エクステリアの業者に相談すると、『このぐらいの傷で交換するのは勿体ないし、高額な金額がかかるのでこのままの方が良いですよ!』と言われてしまいます。特に、フェンスの足など基礎から壊して交換しないといけないような場合だと、平気で数十万円位必要となる場合があります。そんなお金は気軽には出せませんよね・・・。

そんな時は、自分でフェンスを塗れるタッチペンのような物が販売されているので、なるべく近い色を購入して塗ってみるのも良いかもしれません。

画像

また、「余計酷くなるのが心配!」という方は、【リペア業者】に相談してみると良いかもしれません。ドアの傷やサッシのへこみ、壁の穴まで何もなかったかのように綺麗に直してくれるのがリペア業者です。

勿論、フェンスの傷やへこみなんかにも対応してくれる会社もあるので、インターネットから【●●県 リペア】などといったキーワードで検索してみてはどうでしょうか?

会社にもよりますが、半日作業の修理であれば2万円程で直してくれる会社もあるようです。新品同様とまではいかないかもしれませんが、よぉ~く見ても分からない!といったレベルまで直ってしまうかもしれません。

いずれにせよ、これから人工芝の施工をしようとお考えの方は、必ず養生をするなどして傷がつかないように気を付けて作業をして下さい。

もし作業に困ったら、お気軽に弊社【匠】にご連絡下さい!フリーダイヤル 0120-977-572